代表あいさつ

宮野 慶宮野 慶

ゼロメディック株式会社を設立したきっかけは、再生医療・再生美容というものが、一部の方々のものだけではなく、もっと身近なものになればいいのにという、些細な想いからでした。日本人のノーベル賞受賞などで、再生医療の話題は、比較的世間でも見聞きする機会が増えてきたものの、その費用はとても高価で、簡単に手の届くものではありません。

再生美容に関しても、原料は外国産であるケースが多く、安全性の部分や、記載濃度の信憑性など、不安要素が多々ありました。ならば、これらを解消したものを創ろうと立ち上げ、ゼロメディックと名付けました。

日本品質に徹底してこだわる

国内のクリニックと提携を組み、日本人から採取した原料を用い、国内に厚生労働省届出済みの培養施設を設けることで、国内採取・国内培養にこだわりました。まだ歴史が浅く、苦労する場面やかなり高い壁に直面する場面もありましたが、私だけでなく、社員ひとりひとりがゼロから立ち上げ、再生医療・再生美容の可能性を広げるんだという強い使命感を胸に、様々な課題を乗り越えていくことができました。

様々な領域への拡大

その後、再生医療・再生美容の可能性を広げていくために、現在では国内の大学との共同研究にも着手しております。様々な研究者、医学会や医療従事者の方々、またそれに関わる様々な方々とのリレーションを築いていくことにより、さらに信頼性とスピードを上げていく取り組みになります。これからも様々な領域での可能性を見出してまいります。

「三方良し」を是とする

当社が目指すのは、取引先企業、エンドユーザー、そしてゼロメディック、すべてが満足でき喜べることです。近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし」を、本気で目指していきます。取引先の方々にもご納得して気に入っていただき、その先のエンドユーザーの方々にも、しっかり効果効能を実感していただける。そこで初めて、我が社にも還ってくるという考えです。モノも情報も様々なものが溢れている今だからこそ、敢えてこのような一見アナログかも知れない部分を愚直なまでに大切にしていきたいと考えております。

日本、そして世界へ発信

そして、最新の再生医療・再生美容に古き良き日本人の誠実さを乗せ、世界中に発信していきたいと考えております。初心を忘れず、理念を曲げず、より一層のサービス向上に努めてまいる所存でございますので、変わらぬご支援とご鞭撻を賜り、末永くゼロメディック株式会社を宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長宮野 慶